ロゴ1
2020年度入試
2020年1月5日10:00から出願開始

バナー02

2学部目から受験料2万円引き(※)
(※T日程入試、英語外部試験利用入試のみ)

2020年度 法政大学
受験をご検討の方へ
3つのポイント

2020年度

得意な科目で受験可能!
選べる4つの試験方式!

1.T日程入試(統一日程)
2科目のみで受験ができる
全学部・全学科(*1)で受験が可能
2.英語外部試験利用入試
英語試験を免除1科目で受験が可能
T日程入試との併願が可能
3.A方式入試(個別日程)
①主に3科目で受験が可能
最も募集人数が多い
4.大学入試センター試験利用入試
教科数の少ない私立大学型B方式(3教科型)
国公立大学との併願がしやすいC方式(5教科6科目型)(*2)
※1 理工学部機械工学科航空操縦学専修を除く
※2 国公立大学の合格発表を確認してから入学手続きができる

入試スケジュールはこちらをご覧ください

併願受験で合格の
チャンスがUP!

1つの学部や入試方式に絞って受験するより、複数の学部・学科や複数の入試方式を併願することで、合格を勝ち取れる可能性が高くなっています。


出題傾向を把握すれば、合格がもっと近づきます!


【2019年度一般入試英語解説動画を公開しています】



【過去問の閲覧はこちら】
【教科別の学習アドバイスはこちら】

法政大学の入試制度に
ついて、動画でも
ご覧いただけます

合格者の声

キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科2年

佐野 茉菜香さん

基礎固めを重視して受験対策。複数学部・方式の併願で2学部とも合格!

物事を深く考えていくことが好きで、文学部哲学科を第一志望にしていました。合格のチャンスを増やすため、入試日程で都合のよかったキャリアデザイン学部も併願したり、得意な日本史で得点を伸ばせる入試方式を選ぶなど、戦略を立てて受験のスケジュールを組みました。

私の受験勉強のモットーは、「量より質」。多くの問題をこなすより、間違えた問題や苦手な分野について徹底的に復習しました。法政の英語問題は長文が多く、速く的確に読むことが大事です。そのためにも、基礎となる単語やイディオムは入試直前まで繰り返しました。基礎を怠らずに勉強を続けた結果、文学部哲学科とキャリアデザイン学部の両方に合格することができました。最後まで迷いましたが、キャリアデザイン学部に入学することにし、これからは「働く人」に焦点を当てて、ゼミでの学びを深めていく予定です。

もっと読む

就職希望者決定率98.4%を誇る
充実のサポート体制


昨年度の就職希望者決定率98.4%(*)と「キャリアに強い法政大学」の実力を数字で証明しました。これは、長年培ってきた企業からの信頼、盤石な卒業生ネットワークがあるからこそ。法政大学のキャリアセンターは、各業界が求める人材像や最新の就職情報などを人事担当者のご協力を得ながらリアルタイムに学生に発信。卒業生たちは、就職活動に役立つ有益な情報の提供やアドバイスを行い学生を応援します。 * 就職希望者決定率=分子(就職決定者)/分母(就職希望者)

同郷の先輩たちから
メッセージ

山形県出身 矢野 杏奈 さん
文学部英文学科1年(2018年3月時点)/出身高校:山形県立寒河江高等学校

 

― あなたが感じる法政大学ならではの魅力を教えてください。

「自分の視野」を広げることができる環境が整っており、積極的な行動次第で、自分の目標を見つけられるような刺激を与えてくれる人々との出会いや実現させたいことに向かって努力できるところです。

また、グローバル教育が多彩であるため、実践的な英語力をつけられる授業や異文化交流を通して多様な視点から自分自身を成長させることができるのも魅力の一つだと思います。

― あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

私は、入学当初から法政大学独自の留学プログラムである派遣留学制度で英語圏に留学することを目標にしていたので、グローバル教育センターが主催しているイベントや派遣留学から帰って来た先輩と交流する機会に参加したり,英語や興味のある分野について勉強しています。将来どんなことをしたいのか、そのために大学でどのような経験をしていきたいのか、自分と向き合いながら、英語の力をもっと上げられるように努力しています。

― 法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

法政大学は学生主体のイベントが数多くあり、何か一つでも多く経験してみたいと思い、オープンキャンパスの学生スタッフに挑戦しました。そこで出会った先輩方は、一人一人がオープンキャンパスへの強い気持ちを持っていて、何事も自分から行動することで得られるものの偉大さをその姿から学びました。大学生活を通して、さまざまな価値観を持った多くの人と出会うことができ,刺激をもらうことで自分の世界を広げられる大学です。

― 東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

一人暮らしが始まったばかりのころは、不安でいっぱいでしたが、大学に慣れてたくさん友達ができ、毎日が楽しく充実していて不安もなくなりました。また、家族の存在の大きさや感謝の気持ちを改めて感じています。大学4年間でどんな経験をして成長できるかは自分次第だと思うので、目標を見失うことなく、常に向上心を持って生活していきたいです。

― これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

大学受験は、今までの人生で一番といってもいいくらい大きな壁かもしれませんが、夢や目標に向かって最後まで乗り越えることができたという経験を受験を通して得ることができました。振り返ると辛いことも数えきれないほどありましたが、全部今の自分の自信につながっています。1日1日の時間を大切に、家族や支えてくれる人への感謝の気持ちを忘れずやり抜いてください!!

もっと読む
宮城県出身 川島 治範 さん
現代福祉学部臨床心理学科3年(2018年3月時点)/出身高校:宮城県宮城第一高等学校

 

― あなたが感じる法政大学ならではの魅力を教えてください。

私は、法政大学は学生の自主性を尊重し、伸ばしてくれる大学だと思っています。法大生として生活する中で、法政大学にはいろんなタイプの人がいて、その一人一人が自分とは違ったいろんな考えを持っているのだと感じる機会が多くありました。

しかし、少人数でのディスカッションやグループワークに重きを置いてくれる授業のおかげで、他の人の考えを否定するのではなく、数ある考え方の一つとして学ぶことで自分の考えを豊かにすることができました。

― あなたが法政大学に入学して一番熱中したことは何ですか。

私は大学のよさこいサークルに所属し、約3年間活動してきました。よさこいというとなじみ深いものではなく、地方の民謡というようなイメージが強いと思いますが、実際にはよさこい節をアレンジして取り入れた5分程度の曲に合わせ、鳴子を手に踊る、ダンスに近いものになります。自分たちで曲の構成,衣装デザイン、振り付けなどを考えて、130人近いメンバーと一丸になって一つの演舞を作り上げ、全国各地のお祭りでお客さんに披露する楽しさや興奮、感動はなかなか他では味わえないものだと思います。ぜひもっと多くの人によさこいを知ってもらい、実際お祭りに来てその楽しさを感じてもらえたら嬉しいです。

― 法政大学で得たものは何ですか。また、あなたにとって法政大学とはどんな大学ですか。

私は法政大学で、自分で行動することの大切さを学びました。大学という場所は中学や高校のように生徒一人一人にあれやれこれやれと指示を出してはくれません。自分で何をしなくてはいけないのかを考え、行動に移す必要があります。これだけ聞くと不安に思うかもしれませんが、自分で何をするかを決め、行動に移した人には法政大学はいろいろなサポートをしてくれます。私にとって法政大学とは、一歩踏み出した者の背中を押し続けて、目標に向かって加速させてくれる存在だと思っています。

― 東京の大学で送るキャンパスライフはいかがですか。

高校生のときは、テレビやインターネットなどで特集されていたり、話題になっていたお店やイベントなどはほとんどが東京のものだったため、自分にはあまり関係のないものだと思っていました。しかし、上京してきてからはちょっと電車を使えばすぐに行ける身近な場所ばかりになり、そういった情報を探すのが楽しくなりました。また、今まで行ったことのある東京の観光地に改めて行ってみると、旅行先としてみていたときとまた違った印象を受け、その違いを楽しむのも面白いです。

― これから大学を目指す地元の受験生へメッセージをお願いします。

東京の大学に入って、周りの人も環境もガラッと変えるということは、最初は不安も大きいけれど、自分の世界を信じられないくらいに広げてくれます。新しく知ることがいっぱいあったり、今まで気が付かなかったことに気付かせてくれたり、大学は発見で溢れていて、自分で行動しさえすればいくらでも楽しむことができます。受験は辛くて大変だと思うけれど、未来の自分がもっと広い世界を見るために必要な時間だと思って、たまには息抜きもしながら頑張ってけさいん!

もっと読む

全国10都市
受験会場のご案内

T日程入試、英語外部試験利用入試は全国10都市(東京、札幌、仙台、新潟、金沢、長野、名古屋、大阪、広島、福岡)、A方式入試は全国6都市(東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡)で受験できます。
地図