神戸芸術工科大学

神戸芸術工科大学は
こんな学校です

①可能性が拡がる学びが充実

1学年の定員400名に対し、専任教員約100名という少人数制教育、学生一人ひとりの個性に合わせた密接な指導を行うからこそ、より深い学び・探求が実践できます。また、異なる学科のデザインやアートを横断的に学ぶことで独創的な創造力や表現力を身につけることもできます。さらに産官学連携プロジェクトでは社会問題や課題を学生自身のデザイン力によって解決するなど実社会の中で課題解決力を身につけることもできます。本学では学生一人ひとりの可能性を拡げる様々な取組を実践しています。

②先生・教授・講師が魅力的

現在活躍中のクリエイターが教員陣。現場主義、実践主義で、実制作を一から指導します。
『地球防衛家のヒトビト』等で知られるまんが家しりあがり寿氏(2014年紫綬褒章受章)、『蜜のあわれ』、『ソレダケ/that's it』『シャニダールの花』『パンク侍、斬られて候』等で知られ、国内外の映画監督にも多数のファンを持つ映画監督石井岳龍氏をはじめとする現役のデザイナー、クリエイターである専任教員が、一学年の学生数約400名に対し、約100名在籍。

③プロも認める充実した施設設備

プロの教員が自身の制作に使うにも不自由しないだけの施設・設備が学生のために用意されています。3Dプリンターはもちろん、工業用ミシン、製図台やプロ仕様のアニメ制作用動画机といった各学科の教育内容に合わせた機材をそろえたスタジオ・工房、そして、創作活動に不可欠なコンピュータ、約14万点の蔵書、約1万4,000点のDVD・ビデオ作品を自由に閲覧できる図書館を完備しています。
工房の機械の扱い方等は専門のスタッフが指導するので、安全な環境で思いのままに創作活動に取り組むことができます。

学科紹介

環境デザイン学科

リノベーションコース/建築コース/ランドスケープコース/まちづくりコース

環境デザイン学科では生活の舞台となる空間すべてを対象に総合的なデザインを学び、住居のような身近な生活空間から、公共建築、そして都市環境に至るまで新しい空間デザインにチャレンジしています。実在のマンションや古民家のリノベーション(改修)といった実践の機会も豊富です。また、卒業時に一級建築士(実務経験要)、二級建築士などの受験資格が取得できるとともに、各種国家資格合格を目標とした基礎力、実践力を養います。

プロダクト・インテリアデザイン学科

ユニバーサルデザインコース/インテリア・家具・木工コース/プロダクト・カーデザインコース

文具などの身近な生活用品から、インテリア・乗り物まで、「モノ」と「コト」のデザインを学び、「あったらいいな」を形にするのがプロダクト・インテリアデザイン学科です。実習に重点をおくカリキュラムが産学連携プロジェクトにおいて成果をあげています。最新設備の工房での制作技術向上と共に、企画力、立案力などのデザイン教育にも力を入れ、ものづくりと人との関わり方を広く発信できるデザイナーの育成をめざします。

ビジュアルデザイン学科

グラフィックデザインコース/エディトリアルデザインコース/Web・モーショングラフィックスコース/イラストレーション・絵本創作コース

ポスター、絵本、パッケージ、雑誌、Webサイト、ロゴマークなど、世の中で目にするあらゆる情報伝達のアウトプットがビジュアルデザインです。技術と知識を学び、豊富な実習で様々な作品制作を経験することで自己を磨いていきます。3年次でコースを選択するまでに1年次ではしっかり基礎を、2年次ではグラフィック(デジタル)とイラスト(アナログ)の2つの領域から1つを選択し、専門の学びに繋がる応用を学びます。どちらの領域でも豊富な実習での制作を経て目指す方向を決めていきます。

映像表現学科

デジタルクリエーションコース/映画コース/アニメーションコース

映像表現学科は映画や映像、アニメ、VFXなど、特殊映像を含むコンピュータ・グラフィックスに代表されるデジタル・クリエーションの多様化、進化する技術に対応する知識、経験の修得を目指します。これらの分野はいま需要が拡大し、優秀で専門知識・技術を持つ人材を求める声が高い領域です。現在の映像表現はコンピューターに代表されるデジタル技術の飛躍発展により、専門化、複雑化しています。それゆえ、素晴らしい作品が生み出されることとなるのですが、創作には分野に関わらず綿密な作業工程、気の遠くなるような作業量、作業時間が費やされます。そうした映像表現へのこだわりを現場で活躍するプロの教員と共に学び、特化した専門性を縦軸に映像表現を基礎におく総合的な教育を横軸にした独自の教育を通じて、即戦力を目指した実践教育を行います。

まんが表現学科

ストーリーまんがコース/Webアニメ・コミックコース/コミックイラストレーションコース

まんが表現の本質は「ストーリーまんが」。それは映画やアニメの演出を取り入れた「映像的な手法」と文学に匹敵する「ストーリー」の2つに支えられた総合表現です。本学科は「ストーリーまんが」を軸に「Webアニメ・コミック」、「コミックイラストレーション」の3つの領域をじっくり学びます。膨大な制作課題で表現力を鍛えると同時に、物語の構成などの理論も重視。まんがで情報発信ができるプロデューサー的表現者として活躍する力を養います。

ファッションデザイン学科

ファッションデザインコース/テキスタイルデザインコース/ファッション企画コース

素材作りから、衣服やアクセサリーなどのモノづくり、ビジネスプランなどの企画まで、幅広く学んだうえで学生の希望や適性に合わせたコース選択ができるのは4年制大学ならでは。モノづくりをサポートする学科共通の選択授業だけでなく、見せ方、伝え方についても、イラストレーション、メイクやスタイリング、写真など、多様な選択授業でサポートしていきます。

アート・クラフト学科

絵画コース/フィギュア・彫刻コース/美術教育コース/ガラス・陶芸コース/ジュエリー・メタルワークコース

美術と工芸に共通する基礎的実習で材料や技法に関する基礎知識を身につけたのち、それぞれの志す分野を選択。作家として実績豊富な教員のもと、コースごとに専門的な学習を積み重ねます。広く、そして深く学ぶことで、一人ひとりが自分の表現世界を形成し、展開していくことをめざします。また、定員40名が5つのコースに別れて少人数制で学べるのも大きな特長です。

神戸芸術工科大学を
動画で知ろう

神戸芸術工科大学の世界観が分かる
ブランドムービーをご覧ください

環境デザイン学科
施設紹介動画

プロダクト・インテリアデザイン学科
施設紹介動画

ビジュアルデザイン学科
施設紹介動画

映像表現学科
施設紹介動画

まんが表現学科
施設紹介動画

ファッションデザイン学科
施設紹介動画

アート・クラフト学科
施設紹介動画